OpenStack とは

OpenStackは、Rackspace HostingとNASAによって開始されたオープンソースベースのIaaSクラウド基盤ソフトウェアプロジェクトです。
現在は非営利団体と理事会、技術委員会、ユーザー委員会によって管理されており、その開発には世界中の200社を越える企業や開発者が参加しています。
またAmazon EC2やAmazon S3と互換性に優れ、少ない手間でAWSのために書かれたクライアントアプリケーションを活用できるという特長を持ちます。
既にクラウド事業者など大規模なウェブサービスを提供する企業では、標準化と自動化が進みシステム運用コストの最適化も見込めることから多くの実績があります。
さらに近年は、この高機能なクラウド・管理ソフトウェアを自社のプライベートクラウドやハイブリッドクラウド基盤構築に採用する企業も増えています。
こうしたOpenStackの活用領域の広がりや利用ユーザーの増加により、OpenStackを利用しクラウド環境を構築、運用・管理できる確かなスキルを有したエンジニアの育成は、ユーザー企業はもとよりIT業界全体としても急務となっています。

OpenStackに関する詳しい情報は下記URLなどをご参照ください。

OpenStackの市場規模

プライベートクラウドの基盤ソフトウエアのシェア(出典:「State of Cloud 2014」)

プライベートクラウドの利用率

国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場予測(出典:IDC Japan

国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場は2013年に100億円を突破、2014年は前年比成長率39.9%で140億円と予測
http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20141212Apr.html

世界のOpenStackの市場規模(出典:451 Research

OpenStackの市場規模は、2016年に17億ドル、2018年に33億ドルと予測
https://451research.com/openstack-451-research-s-annual-market-assessment

資格取得のメリット

OPCEL認定試験はOpenStackに関する専門知識や構築・運用管理のスキルを認定する試験です。
本試験に合格したエンジニア(OPCEL認定プロフェッショナル)は、下記のOpenStack環境の構築・運用管理に必要な技術力を持ち、質の高いクラウドインフラを構築できるプロフェッショナルであることを証明できます。
また、OPCEL認定プロフェッショナルは「最先端のクラウドプロジェクトへの参加機会」や「大規模クラウドプロジェクトでの重要ポジションの機会」を得ることができます。

構築面で証明できる能力

  • OpenStackの機能や制限を理解し、要求に応じた適切なOpenStack基盤を構築できる能力
  • 主要な各種ディストリビューションにおいて、認証サービス、イメージサービス、コンピュートサービス、ネットワーキングサービスが機能する汎用的なOpenStackの環境を構築することができる能力
  • 必要に応じてFWaaSやLBaaSなどの追加機能を設定できる能力

運用管理面で証明できる能力

  • OpenStackの機能を活用して、利用用途に応じたインスタンスとネットワークの作成や管理を行える能力
  • ダッシュボードを通してインスタンスやストレージなど必要なクラウドサービスを配備し、リソースの割り当ての増減や、利用状況・課金状況などを把握することができる能力
  • 各種工程を自動化して、俊敏性、可用性、柔軟性の高いシステムを運用・管理できる能力
  • 稼動状態を把握し、障害の切り分けに必要な情報を取得できる能力

その他の能力

  • 翻訳やバグの報告を通じてOpenStackの発展に貢献できる能力

認定する技術者像の職種範囲
~ 企業における人材育成の客観的指標としてITSSスキルマップに採用 ~

OPCEL認定試験は、ITSSのスキル熟達度と資格を対応づけている「ITSSキャリアフレームワークと認定試験・資格の関係(ISV Map Ver10r1(20160601)」 の下記の5分野において「レベル3」として位置付けられており、企業の人事評価制度における客観的な指標として活用されています。

【 OPCEL認定試験がレベル3として位置づけられている5分野の職種 】

  • ITスペシャリスト
  • アプリケーションスペシャリスト
  • ソフトウェアデベロップメント
  • カスタマーサービス
  • ITサービスマネジメント
プライベートクラウドの利用率