各出題範囲の例題と解説

Sample Exam Questions in English

OPCEL認定試験(OpenStackの技術者認定試験)の例題と解説を掲載しています。

253: ネットワーキングとコンピューティング

253.1 ネットワーキングサービス(Neutron)からの出題

NEW !

インスタンスのIPアドレスは仮想DHCPサーバによって自動的に割り当てられます。この仮想DHCPサーバを作成するエージェントの名前を記述しなさい。

※この例題は実際のOPCEL認定試験とは異なります。

正解は「neutron-dhcp-agent」です。

仮想DHCPサーバは、neutron-dhcp-agentがLinuxカーネルのネットワーク名前空間(Network Name Space)の機能を利用して作成します。

例題解説の提供

OPCELアカデミック認定校 有限会社ナレッジデザイン
OPCEL認定プロフェッショナル 大竹 龍史 氏

1998年(有)ナレッジデザイン設立。Linux、Solaris の講師および、LPI対応コースの開発/実施。
著書に『OpenStack構築運用トレーニングテキスト - OPCEL認定試験対応』(共著、ナレッジデザイン刊)、『Linux教科書 LPIC レベル1 スピードマスター問題集』(共著、翔泳社刊)、『Linux教科書 LPIC レベル2 スピードマスター問題集』(翔泳社刊)。月刊誌『日経Linux』(日経BP社刊)およびWebメディア『@IT自分戦略研究所』(ITmedia)でLPIC対策記事を連載。

253.2 コンピュートサービス(Nova)からの出題

Nova Computeの役割として適切なものを選びなさい。

  1. ネットワークコンポーネント
  2. インスタンスの起動と管理を行う
  3. 起動イメージの管理
  4. オブジェクトストレージの管理
  5. ブロックストレージの管理

※この例題は実際のOPCEL認定試験とは異なります。

正解は「B」です。

Nova Computeの役割は指定されたハイパーバイザー上に要求されたスペックで仮想マシンを作成し、OSをデプロイすることです。Aの「ネットワークコンポーネント」はNeutronもしくはNova-networkが行います。CはGlanceの役割です。DはSwift、EはCinderの役割です。

例題解説の提供

日本仮想化技術株式会社 遠山 洋平 氏